車椅子(くるまいす)は体の一部です。

車椅子が利用者の元に届いた、その時点では
単なる車輪の付いたイス、に過ぎません。


利用者の視点、利用者へのフィッティング、
使用方法の説明・教育(導入)、
導入後に利用者の生活が改善・向上したか(モニタリング)・・・。


それらの段階をすべて経て、
「車輪の付いたイス」は福祉用品「車いす」として、
初めて利用者の生活をサポートすることができるのです。


介助・介護者、 ときには利用者本人にも見られる傾向ですが、
身体を車椅子に合わせようと考える方が少なくありません。
車いすを身体に合わせることが大事なのです。
多くの商品を見ずに安易に購入してしまったり、
介助者が車椅子の介助のしやすさにのみに注目して購入してしまったりするケースが多く見られます。
高額な買い物ですから一度では決断できないこともあるでしょう。
何度も外出することで介助者の手をわずらわせるのではないか、と
よく考えずに買ってしまうケースも目にします。
車椅子は自立をサポートする、大事なパートナーですから
妥協したりよく考えないで購入したりすることはしないでくださいね!

今日では利用者の身体にフィットするような、 様々な種類寸法
車椅子製品が開発されています。
ぜひさまざまな商品をごらんいただき、その中から
ふさわしい1台を選んでいただきたいと思います。

最近では電動の車椅子が充実してきています。
公共施設のバリアフリー化、ユニバーサルデザイン導入が進み、
重たい電動くるまいすを介助者が運ぶシーンが少なくなったことが理由として考えられます。
どちらにせよ、利用者が介助者の手を借りることなく、
あらゆる場所へアクセスできることが大切ですね。
当サイトには東海圏の公共交通機関のバリアフリー状況をまとめた
コーナーもありますので、外出前の下調べにぜひご利用ください。

また、最近人気が出てきているのがモジュラーです。
すべての部品が揃ってこの形、という従来の既製品販売とは大きく異なります。

タイヤ、リム、シート、ヘッドレスト・・・・。
利用者の体格、障害の程度、生活環境などを考慮して
多彩な商品ラインナップの中からそれぞれの部品を選び、
世界に1台だけの利用者のニーズに合った車椅子を作る。

既製品とオーダーメイドの中間に位置していて、
それぞれの長所を持ち合わせ、短所を補っています。

<<<メリット>>>
・既製品 → 大量生産なので価格が安く抑えられる
・オーダーメイド → 利用者固有の問題に対応できる

<<<デメリット>>>
・既製品 → 平均的な体格をモデルにデザインされるので、利用者固有の問題に対応できない
・オーダーメイド → 個別生産なので比較的高価である

既製品よりは比較的高価ですが、
モジュラー型はオーダーメイドに比べ、
お求めやすい価格帯になっています。
しかも各部品は利用者に合ったものを選択できるので
フィットした車椅子を手にすることができます。
多少出費が増えてしまいますが、補助金(交付金)などを上手に利用して
ぜひモジュラー型の車椅子のご検討ください。

モジュラー型が広く知られてからというもの、
車椅子を選ぶ利用者の目は厳しくなったと言われていますが、
選び方をよく知らないまま購入される方も多いようです。

お身体に合った車椅子は障害者の自立をサポートします。

利用者ひとりひとりが身体に合ったものを選んでほしい、
そのお手伝いができたらそれに勝る喜びはありません。


車椅子(車いす)の選び方 車イスを買う前におさえておきたい、選び方のポイント、車椅子レンタルについての情報。 サイト管理人
ご意見・ご感想はこちらのページから。

車椅子ライン

各カテゴリへのリンク

スポンサード リンク

車椅子の選び方(体格)

身体をくるまいすに合わせるのではなく、身体に合った車椅子を選ぶ。
導入すること自体が目的になってしまって、
導入後のシミュレーションをないがしろにしてしまうケースが多く見られます。
利用者の体格にあった車椅子を選ぶために、
各部位ごとに最適なトピックをご用意しています。

車椅子の選び方(環境など)

体格以外にもを選ぶ際に考慮すべき条件は多くあります。
たとえばデザイン、そしてカラー。
洋服を選ぶように身体の一部としての車いすを選ぶ方が増えています。
お気に入りの服を着てお出かけするように、
お気に入りの車いすに乗って外出を楽しみましょう。

車椅子の選び方(機能・部位など)

目的や障害の程度などによって、選ぶべき車イスがおのずと決まってきます。
このカテゴリでは車イスの機能や部位についてのご説明をしています。

乗り心地チェック

末永く付き合っていくくるまいす。
より良い関係を築いていくには導入後のチェックが欠かせません。
快適な乗り心地のために考えなければならないことについてまとめてあります。

車椅子をとりまく環境

バリアフリー、ユニバーサルデザインが提唱されてもなお、
くるまいす利用者にとって住みよい環境の整備はなかなか進んでいません。
私たちが直面している問題、考えなければならない問題などについてのカテゴリです。

外出計画(アクセス経路調査)

車椅子利用者が外出の際、初めにすること。
それは目的地の調査です。
車椅子での移動に対応しているのか、
介助者を必要とするのか、
障害者用のお手洗いは備えているか。
それらの情報が事前に分かっていれば、車椅子でのお出かけは
ぐっと楽しいものになるに違いありません。

東海地方の各公共交通機関のバリアフリー対応状況を
地図と併せて調べやすくまとめてみました。

お出かけ前の調べ物にご活用ください。

車椅子でお出かけ(愛知)

こちらは愛知県内の道の駅施設の状況をまとめてあります。

車椅子でお出かけ(長野)

上記カテゴリと同様、こちらは長野県内の施設の状況をまとめてあります。
東海地方を皮切りに順次、内容を充実させていく予定です。

福祉関連サイトのリンク集

障害者・介助者の方々のお役に立つ、便利なサイトを集めました。

福祉以外サイトのリンク集

上記以外のサイトへのリンクはこちらのカテゴリに集めてあります。

このサイトをご覧になっていただきたい方

もちろん全ての方々に見ていただきたいのですが、
特にご覧になっていただきたいのは、下のような方々です。

  • これから車椅子を購入しようとお考えの方、介助をされる方
  • 車椅子をレンタルしようとお考えの方
  • 車いすについて興味をお持ちの方
  • 現在車いすに乗っているが乗り心地が良くない、とお感じの方
  • 介助をしている(したことがある)が車いすの乗り心地について考えたことのない方
  • 車椅子を利用しているが外出がおっくうな方
  • ご家族の中に上のような方がいらっしゃる方
  • 介護・福祉系のお仕事に従事されている方
  • 将来、介護・福祉系のお仕事に就きたいとお考えの方

まずは車椅子の仕組について、
そしてその選び方について見ていきましょう。

javascript:void(0);
カテゴリ
スポンサード リンク
その他

最終更新
2014年6月24日 00:10 更新履歴
2010年3月17日
2009年2月17日
2009年1月26日
車椅子に乗る女性
Syndicate RSS(1.0)
Syndicate RSS(2.0)
Syndicate ATOM
【おすすめサイト】 インターネットはこれでわかった! レンタルサーバーがわからない人 http://xn--ecksjr0h4iqcb7179d5whux7a1l9ak54ceipws6a.com/ ネットカフェの今と未来  攪拌機(撹拌機)なら、どんな用途にでも対応可能。簡単な操作性と高い再現性、そして短時間で分散・脱泡を実現。  インターネット通信を楽しむ ウィークリーマンションを東京・埼玉でお探しなら